プロフィール

野良ペリカ

Author:野良ペリカ
作詞をしたり
動画作ったり
作曲はまだ修行中

ツイッター
最新トラックバック
アクセス数
 
検索フォーム
QRコード
QR

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09月11日(木)

芸術のはしくれ

昔の曲を最近発見したのでそっくりそのままリバイバルしました。

なんたってミキシングもマスタリングも何にも知識がない状態で
出来るかなどうかな?出来たな、でも僕の声がダメだ!
という事になり封印していたのです。

そして今になってその封が切られて
聞いてみたのです。
やっぱりダメだぁ!でも演奏の音は良い。
という事でUTAU曲に変化させました。

「5年後まともにみれるかい?」と五年前の自分に言われているような気がして
変な気持ちになりました。
それがどうしても「まだ作ってるのか?五年後も記憶に残せるようなものなのか?」
と言われているような気がしてならなかったのです。
ホンワカパッパな性格ですが、トゲトゲな時期はあるにはあるんだなんて
感慨にふけってみたりしながらメロディラインを打ち込んでいました。

当時のままという事なので当時の音源を使って
ミキシングも最低限、マスタリングなんかないです。
だからカセットテープなのです。

そして音量が何故か安定しないのはコピーして持ってきた結果だと思います。申し訳ない。

にしても、僕が歌う声のホンワカパッパ具合は相変わらずで
五年前と同じようにコンプレックスです。ある程度開き直ってはきましたが。




<芸術のはしくれ>

例えば初めて虎の絵を描いたとしよう
躍動感など微塵に感じ取れないが

真っ直ぐな視線で見れるかい
真っ直ぐな視線で見れるかい
今すぐゴミ箱にに捨てるかい
真っ直ぐな視線で見れるれるかい

例えばその絵を五メートル離れて見たとしよう
見た事のない虎がそこに見て取れないが

このままの姿勢でいれるかい
このままの姿勢でいれるかい
わがままな自分でいれるかい
このままの姿勢でいれるかい

例えばその絵を五年後にでも見たとしよう
相変わらずの自分がそこにいるはずだが


真っ直ぐな視線で見れるかい
真っ直ぐな視線で見れるかい
真っ直ぐな自分でいれるかい
真っ直ぐな視線で見れるかい
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。